データ・チラシ・パンフレット・カタログ・リーフレットなど、原稿入稿も承ります。


データ入稿

データ入稿について

当社対応の印刷用データは下記になります。
データの受け渡し、印刷トラブルを未然防ぐためにも必ずご一読をお願いいたします。

対応OS・アプリケーション対OS

  • Mac OS 9.2.2J、Mac OSX、WindowsXP

アプリケーション

  • Adobe Illustrator 5.5J / 8.0J / 9.0J / 10.0J / CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS5 / CS6
  • Adobe Photoshop 5.5J / 7.0J / CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS5 / CS6
  • Adobe InDesign CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS5 / CS6
  • QuarkXPress 3.3J / 4.1J / 6.5J

※ネイティブデータに対する対応状況です。PDF/X-1aでの入稿の場合、制作環境は問いません。

フォント

基本的には全てアウトライン処理してください。

※アウトライン処理を行う際には、オブジェクト・レイヤー等全てのロックがはずれていることを必ずご確認ください。ロックされたままアウトライン処理を行うとロックされたオブジェクトがアウトライン処理されませんのでご注意ください。
アウトライン処理後は「書式」→「フォント検索」等でフォント名がリストアップされないことをご確認ください。

※QuarkXPressをご使用の場合は、PDF/X-1aにてご入稿ください。

制作時のカラーモードおよび着色

プロセスカラー4色(CMYK)にて制作してください。特色印刷を想定する場合においても、最終入稿データはCM等プロセスカラーでの着色をお願いします。
RGBで着色されている場合、色味の保証は出来かねますので予めご了承ください。

※RGBの色再現領域はCMYKよりも広いことから、RGB→CMYK変換された段階で彩度が減少します。一般的には色褪せる傾向にありますのでご注意ください。

配置画像

画像データは、埋め込み・ラスタライズではなく、必ずリンク配置してください。
また、使用していない画像データは添付しないでください。
配置画像の保存形式は、次に準じてください。

  • モード:CMYKカラーもしくはグレースケール(線画は除きます)
  • 解像度:300~350dpi
  • フォーマット:Photoshop EPS
  • エンコーディング:JPEG-最高画質(低圧縮率)

※保存時のチェックボックスは全てOFFにしてください。

見本添付

メディア発送での入稿の場合は、必ず最終データ(最終保存時)のプリントアウトを添付してください。
通信での入稿の場合は、文言が確認できる程度のスクリーンショットやJPEG画像またはPDFを添付してください。
当社にて検版を行う際に必要となります。

PDF入稿のすすめ

当社ではPDF/X-1aでのデータ入稿を推奨しています。
PDF入稿の場合、OSやアプリケーションなど制作環境に依存することなく出力が可能です。
また比較的容量を軽く抑えられるため、通信での入稿に最適といえます。

MS系ソフト使用時の注意点

ワード・エクセル等オフィス製品のベースカラーはRGBとなっています。
出力時にはCMYKへ変換されるため若干彩度が落ちる傾向にあります。予めご了承ください。
ファイルを保存する際にフォントの埋め込みの項目にチェックを入れてください。

Word2000の場合

「ファイル」メニュー→「名前をつけて保存」→「保存」画面「ツール」メニュー→「全般オプション」→「保存オプション」の「True Typeフォントを埋め込む」と「使用されている文字だけを埋め込む」の項目にチェックを入れてください。

Word2002(XP)の場合

「ファイル」メニュー→「名前をつけて保存」→「保存」画面「ツール」メニュー→「保存オプション」→「True Typeフォントを埋め込む」にチェックを入れ、「使用されている文字だけを埋め込む」、「標準システムフォントは埋め込まない」の項目にチェックを入れてください。
すべてのアプリケーションに起こるわけではありませんが、Wordのようにレイアウトをプリンタドライバーに依存させないように設定することで、トラブルを回避することができるものもあります。

Wordの場合

「ツール」メニュー→「オプション」→「互換性」タブの「文書をレイアウトするときにプリンタの設定に従う」のチェックを外して、文書を作成してください。
出力時に文字やレイアウトが変わってしまう恐れがありますので、貼り込みデータは必ず添付してください。
透明/ワードアートは正しく出力することができません。
Office製品の「グラフィックを半透明にする機能」はPostscriptコードが半透明の記述を持っていないため正しく出力することができません。
ワードアートを使用して作成された文字(図形)はOSのバージョンによってはエラーとなる場合がありますのでご使用を避けてください。

PAGE TOP




監修・運営
小林印刷株式会社
福岡県福岡市博多区東那珂1丁目15番45号
092-411-2246

Copyright(C)2007 小林印刷株式会社 All Rights Reserved.